新着コラム

【社長ブログ】おねがいだ!もう新しい建物を建てないで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_ceo_blog
Pocket

トランクルーム大家です。今回は、なぜ空室率3割時代にドンドン新築が建つのか?という話をします。

この記事を書いているのは2018年の3月ですが、現在、東京の中心部である丸の内や日本橋・汐留・品川などでは、高層オフィスビルや高層マンションがどんどん建設されています。

地方都市においても、相続対策と称して地主の持つ土地に金融機関が融資を行い、相続税対策用の1棟マンションや1棟アパートが雨後の筍のように建てられています。

日本の税制は更地に厳しく、建物付き土地にやさしく出来ています。
たとえば、都市計画区域内(みなさんがご自宅やマンション、商店やビルを見かけるような地域が該当します)の更地の税金はとても高い。
都内ですと大企業サラリーマンの月給の数か月分くらい平気で取られます。
ところが、その更地の上に住居・賃貸マンション・アパートなどを建てたとしましょう。
すると、土地にかかる税金が6分の1になるのです。租税特別措置法という法律の中の「小規模宅地等の課税特例」というルールで定められています。

相続税も同じ考えに従って課税されますので、更地で持っているよりは建物を建てたほうが相続税が減ります。
相続制度では債権(土地建物や預金などの財産)と債務(借金)は相殺して良いことになっているので、更地に建物を建てる際に銀行から借金をすれば、財産と借金の差額は微々たるものとなり、上手に借金をこさえてビルやマンションを建てると、ご家庭内でご不幸が起こって相続が発生しても、実質無税となる場合があるのです。
これが、どんどん1棟もののビルやアパート・マンションが建つ、大きな理由です。

先日も、東京都心のベッドタウンである埼玉県春日部市から越谷市にかけて仕事で行ってきたのですが、少し前まで畑だった土地がどんどん開発され、鉄筋コンクリート造の立派な賃貸マンションが次から次へと建っているさまを見て、ある種の戦慄のようなものを覚えました。

新しい建物が出来て賃貸募集が始まると、賃借人は新しい建物に引っ張られて引っ越していきます。
新築で高機能で駅近の高アクセスの新ビルが誕生すれば、都内の事務所の大移動が起こります。
そう、都内の新築ビルへ、中小ビルや築古ビルから新しいオフィスへの移動です。まさしく大移動です。
当然、今まで入居していたビルは空き、賃料が下がり、移動の連鎖はより中古・中小・築古のビルへ波及していきます。

結果として、老朽化した中古の中小ビルは空きビル化していきます。
供給過剰現象です。

神田地区などでは一階に店舗だけが入り、後は最上階のオーナーの自宅フロアだけが埋まっていて、他のフロアは空室化している現象が広がっています。
築古賃貸不動産をこの1~2年で取得されたオーナーさんは、オーナーになってからこの現象に気付きます。都心だけではなく郊外でもそうです。
供給過多な地域が多いのでどうしようもないですが、日本の金融制度上、土地と建物を担保に出せばそれなりに融資してもらえるので、どんどん新しい建物が建っていきます。人口減少社会のはずなのに。

まさしく「もう新しく建てるのをやめてくれ!」という気持ちのオーナー様は、少なく無いのではないでしょうか?

←前の記事    次の記事→

その他コンテンツ / Contents Search

 

満室経営研究会「不動産投資」コラム
『不動産投資の教科書』
その他コラムトランクルームビジネスで高利回り
セルフストレージ大家日記
トランクルームビジネスについて
トランクルームのマイクラ
◇近所のトランクルームを一括検索できるアプリ
「マイトランクサーチ」
エリア別物件概要 / Property Search
物件詳細情報、融資に困った時などご相談お気軽にお問合せ下さい。満研不動産仲介チーム
☎ 0120-86-1004
📨 info@manshitsu.jp
トランクルームのマイクラ   日本公共収納株式会社ロゴ
会員登録のご案内※新規メルマガ会員登録頂きますと有益な物件情報を優先的に配信致します!

メールアドレス (必須)

よろしければアンケートにご協力ください。

当社を知ったきっかけ(複数選択可能です)
 インターネット検索 インターネット記事 セミナー 雑誌・書籍 友人・知人 その他

すでに投資用不動産はお持ちですか?
 1~2物件 3物件以上 持っていない

東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
茨城県 群馬県 栃木県 その他エリア
全ての情報 マル秘非公開 健美家の情報

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ